中途入社募集中!詳しくはこちら!

不動産実務検定(旧大家検定)

実践的な知識を網羅した賃貸経営専門の資格

不動産実務検定®認定講座のご案内

J-RECの不動産実務検定®は、健全な経営を実現したい大家さん、これから不動産投資によって安定した将来を実現したい方、また、より高度なコンサルティング技能を身につけて顧客に安心したサービスを提供したい建築不動産関係の方のために不動産運用にまつわる実践知識を体系的に網羅した、日本初の不動産投資専門資格です。

全国各地の認定講座でライフプランニング、不動産投資、満室経営、税金対策、建築、ファイナンス、土地活用コンサルティングなど、幅広い知識を学ぶことができます。

不動産実務検定って
取るとどんな良いことがあるんですか?

賃貸経営の実務
必要な知識が網羅されているので、
すぐに役にたちますよ

資格ってただの勉強と思ってたんですが
ずいぶん実践的なんですね

認定講座の種類

資格のステップアップで、賃貸経営のプロとしての知識を段階的に学び、
さらなる活躍の場を広げます。

資格を取得する方法には、認定講座に通い実務知識を確実に身につけながら取得する方法と、一般試験により取得する2通りの方法があります。
ここでは、各段階ごとに習得できる知識と、どのような場面でその知識を発揮できるようになるのか解説いたします。認定講座の特典として、修了試験は5問免除となります。

2級

賃貸管理運営(満室経営)に関する知識を習得する。
人口動態、需給 予測。募集、契約、管理、トラブル対処に関する知識。借地借家法の理解。

2級を取得すると

日常的な賃貸経営で直面する課題に的確に対処できるようになります。
例えば空室対策、契約手続き、家賃滞納問題、敷金精算問題など。

1級

土地活用、賃貸経営に関する事業収支計画の策定、不動産投資に関する知識、またこれに関連する建築基準法、民法、税務、ファイナンスの知識を習得する。

1級を取得すると

賃貸経営の長期的な経営分析ができるようになり、将来直面する問題にいち早く的確に対処することができるようになります。そのほか、各種法令や税務を熟知することで、土地活用に関する専門家と対等なコミュニケーションが成り立ち、目的をスムーズに達成できるようになります。

マスター

不動産運用設計、土地活用、建築プランニング、建築施工管理、相続 対策に関連する資産分析。
及び対策に関する専門知識を習得する。

マスター資格を取得すると

土地活用、賃貸経営、不動産投資のプロフェッショナルとして賃貸経営コンサルティング能力が身につきます。
また、スタディーグループを作り、認定講座・検定対策講座を開催できる他、
各種フェア、各種企業・団体での講演活動の機会が増えます。

2級は主に賃貸管理運営に関する知識・技能、1級は不動産投資及び土地活用に関する知識・技能、そしてマスター資格では不動産運用設計に関する専門的かつ実務的な知識・技能を身につけることができます。

また、マスター合格者はJ-RECより「J-REC公認不動産コンサルタント」の資格が与えられ、所定の審査を経ることにより認定講座を開講でき、地域のインストラクターとして活躍することができるようになります。

資格取得の流れ

不動産実務検定試験の受験対象者

  • 建築不動産業者
  • 不動産投資家
  • 土地オーナー
  • 賃貸物件オーナー

不動産実務検定試験のお問い合わせ

一般財団法人日本不動産コミュニティー北海道支部の支部長と事務局をオーナーズビジョンの原田がつとめています。詳しくは(一財)日本不動産コミュニティー北海道支部HP

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。