中途入社募集中!詳しくはこちら!
事例

家族全員が納得するアイデアで円満な相続を実現

同族間売買コンサルティング|札幌市 W様
原田
原田

賃貸不動産は大きな資産
それゆえに、近年は家族間の争いが家庭裁判所へ訴訟として持ち込まれるケースも増えています。
こちらは「親が元気なうちに相談し、兄弟と揉めずに相続したい」というご相談を当社が支援した事例です。

同族間売買コンサルティング|札幌市 W様

当初のお悩み

親が元気なうちに、兄弟と揉めない形で自分が物件を相続したい

  • W様の親が所有する物件は築30年以上だが好立地にあり、現状のまま今後も活かせそう
  • まだ親も元気だがすでに高齢、他に兄弟もいる
  • 今から兄弟で話し合いを行ない、全員が納得する財産分与をして自分が物件を相続したい

お悩み解決の過程

ご相談者様に対し、「同族間売買」を提案。実現へ向けてアドバイス

  • ご相談者の要望に沿って、円満な相続を実現するための「同族間売買」を提案。
  • 実現に向け、「同族間売買」の注意点を助言。贈与税の対象にならないポイントを説明当社が第三者の不動産業者として仲介役となり、「同族間売買」の実現を支援
  • また融資を受けるための銀行を紹介、事業収支計画を作成し融資を取り付け

成果と要因

正式な売買契約としての成立を一貫してサポート、円満な相続を実現

  • 経営資料の整理や重要事項の説明などの引き継ぎから、事業収支の計画策定、必要書類の作成など書類上の手続きまで一貫してサポート
  • 贈与税の対象とならないよう、事前に不動産鑑定士にも鑑定を依頼
  • 「同族間売買」でT様の親が得た現金でご兄弟に財産分与ができる流れをつくり、円満な相続を実現

当初のお悩み

親が元気なうちに話し合い、兄弟と揉めない形で自分が物件を相続したい

「親が所有する物件を、兄弟と揉めずに皆が納得できる形で相続したい」

当社の無料相談で、T様から頂いたご相談が円満な相続の実現でした。

T様の親から所有する物件はロードサイドのテナント物件でした。築年数は古いものの、国道に面した好立地にあり、このままテナント物件として今後も活かせそうなポテンシャルがありました。

「まだ親も元気だが、すでに高齢で、自分には他に兄弟もいる。自分は、経営の経験もあり、賃貸物件の経営もできると思っている。親が元気なうちに自分が親から物件を買い取る形にして親には現金を渡し、弟たちには相続時に現金で財産分与すればと思うが、どうだろう?」

「問題は家族間の不動産売買に自分が詳しくないことだ。税金や銀行の融資などを考えると、どんな方法が親にも自分にも一番良いのだろう?」というご相談でした。

お悩み解決の過程

ご相談者様に対し、「同族間売買」を提案。実現へ向けてアドバイス

W様の要望にそって円満な相続を実現するため、当社は「同族間売買」をご提案しました。

「同族間売買」であれば、W様が現オーナーである親から物件を購入する形となるため、ご兄弟には親から現金による財産分与が可能となります。また、物件は購入されたW様お一人の名義となるため、結果的に家族が揉めない円満な相続が実現できます。

この「同族間売買」の注意点は、物件の売買価格です。家族間の売買となるため「不当に安すぎる取引になっていないか?」と税務署が目を光らせる対象になりやすいからです。場合によっては、贈与税の対象にされてしまうケースもあります。

そうならないためには、

  • 事前に不動産鑑定士へ鑑定を依頼、その報告書を客観的な売買価格の証拠とする
  • 物件を購入する融資を引き出すため、銀行へ提出する事業収支計画も用意する
  • 重要事項の説明や必要書類の作成も行ない、個人売買ではなく第三者の不動産業者が
    仲介する売買契約の形にする

など、専門家の力を借りることが重要です。今回は、当社が第三者の不動産業者として仲介する形となりました。

成果と要因

正式な売買契約としての成立を一貫してサポート、円満な相続を実現

当社では、相続にともなう資料の整理や重要事項の説明などの引き継ぎから、事業収支計画づくり、必要書類の作成など、書類上の手続きまで一貫してサポートしました。

また物件を購入するために融資を取り付ける金融機関の紹介し、あわせて贈与税の対象とならないよう、当社から不動産鑑定士に対象となる物件の鑑定を依頼しました。W様には、その報告書を売買価格の証拠書類として残すようアドバイスしました。

結果的に、W様にご提案した「同族間売買」が正式な売買契約として成立しました。金融機関の融資を無事にクリアし、T様のご兄弟には将来的に現金での財産分与ができる形が整ったことで、結果的にT様の願いだった円満な相続を実現しました。

お客様の声

兄弟で争うことなく円満に解決し良かったです。

札幌市 W様
弟の持ち分は、本人の希望でもありますが、やはり現金の方が良かったようです。
結果的に弟は現金を、私は物件を引き継ぐことができました。兄弟で争うことがなく、無事に決着して良かったです。

売買契約後にはテナントとの貸主変更手続きなど、アフターフォローも良かったです。

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。

オーナーズビジョン株式会社