中途入社募集中!詳しくはこちら!
事例

管理会社の変更をサポートし、空室だらけの物件を満室に!

管理変更コンサルティング|札幌市 U様
原田
原田

「新築の物件でも、空室が増えるばかり」「退去者が出ても、インターネットで入居者募集の広告を出さないのは、なぜだ?」信頼できると思っていた管理会社に物件の管理を任せたものの、問題や疑問は増える一方

でも、どうして良いか分からない。今の管理会社への対応に悩まれ、当社にご相談されたオーナー様のお悩み解決をサポートした事例です。

管理変更コンサルティング|札幌市 U様

当初のお悩み

物件を任せた管理会社が「今の時代、空室は仕方ない」と動かない

  • 15棟以上の物件を所有していたが、常に空室が絶えなかった
  • 新築で購入した物件の管理も大手不動産会社から紹介された管理会社に任せたが、「物件が増えたから、空室は仕方ない」と入居者の募集に動かない
  • 古い体質の管理会社だったため、インターネットへの物件情報の掲載や更新もできず、「何かがおかしい」と思うがオーナー自身も解決策が分からなかった

お悩み解決までの過程

管理変更コンサルティングで管理会社の切り替えをサポート

  • 当社が新たな管理会社の候補3社ほどを紹介し、コンペ形式で各社に提案書を提出させる
  • オーナー様といっしょに3社の提案書を見ながら選定
  • 仲介会社からの信頼、オーナー様へ提案する姿勢なども選定のポイントとしてアドバイス

成果と要因

管理会社の切り替えで空室が埋まり、満室で家賃収入も大幅アップ!

  • 仲介会社から信頼され、オーナー様にも積極的に改善を提案する管理会社を選定
  • 北海道大家塾のサポートパートナー企業という安心感も決め手に
  • 空室があり稼働率70%台の物件が稼働率98%以上へアップ
    ほぼ満室となった結果、家賃収入も年間1500万円以上の大幅アップ

当初のお悩み

物件を任せた管理会社が「今の時代、空室は仕方ない」と動かない

15棟以上の物件を所有していたオーナーのU様。常に空室が絶えない現状を改善しようと北海道大家塾で学んだ結果、問題点に気付き、当社へご相談されました。

U様が特に問題と感じられていたのは、物件の管理を任せている管理会社の対応でした。

新築で購入した物件を購入した際、大手不動産会社からの紹介でお任せした管理会社でしたが、退去で空室が出ても、大家塾で教わったように仲介会社を廻っている様子もありません。「今の時代、物件が増えたから空室は仕方ない」と、勝手に思い込んでいるようです。

また、古い体質の管理会社ゆえにインターネットへの物件情報の掲載や更新作業もできず、そのため、新築物件でさえ常に2~3室の空室がある状態でした。

特に学生が多いエリアにある物件は卒業のシーズンになると定期的に退去者も出ますが、新しい入居者を増やそうとせず空室のまま放置された結果、「半年以上も空いている部屋がある」「200日から300日も空室のままの部屋まである」という状況になっていました。

お悩み解決までの過程

管理変更コンサルティングで管理会社の切り替えをサポート

管理会社を見極めるには、いくつかポイントがあります

当社の管理変更コンサルティングを受けることにしたU様。当社はまず、新たな管理会社の候補を3社ほど紹介。コンペ形式のような流れで、各社に提案書を提出させました。次に、オーナー様と共に3社から送られた提案書を見ながら選定。その中で、管理会社を見極めるポイントとして次のようなことをお伝えしました。

  • 入居者を紹介する仲介会社との信頼関係は良いか
  • 契約時など、大切なタイミングで入居者をフォローする姿勢はあるか
  • 物件のオーナーにも改善につながる提案やアドバイスを積極的に行なうか

特に古い体質の管理会社は「物件オーナーの代理人」という意識が強く残っており、「ウチの物件で決めさせてやる」という姿勢を見せる所もいまだにあります。

そのため仲介会社から「物件は良いが、管理会社が嫌」と思われてしまい、「管理会社がネックとなって、物件を紹介してもらえない」というケースも実際にあります。

「仲介会社さんに好かれている管理会社か?」という点も、管理会社を見極めるうえでは 大切なポイントとなります。

成果と要因

管理会社の切り替えで空室が埋まり、満室に!

「この管理会社さんが良さそうですね」

3社の中でU様が新しい管理会社として選ばれたのは、北海道大家塾を通じて知った、当社のサポートパートナー企業でもある管理会社でした。

仲介会社との関係性も良く、新しい入居者との契約時には管理会社の社長自らが契約の場に足を運んでフォローするなど、仲介会社に必要以上の手間を掛けさせない点も好印象を持たれていました。

また、賃貸オーナーに対しては、インターネットに掲載する広告の内容から部屋の間取りや設備などもチェックした上で「これじゃ決まりませんよ」と、リフォームまで積極的に提案する姿勢もありました。U様が学ばれている「北海道大家塾のサポートパートナー企業」という安心感も決め手になったようです。

新しい管理会社へ切り替えた結果、空室があった稼働率70%台の物件が稼働率98%以上にアップ。ほぼ満室となった結果、家賃収入も年間1500万円以上の大幅アップへつながりました。

お客様の声

金銭的余裕と精神的余裕が生まれたおかげでストレスフリーな毎日を送ることができています。

札幌市 U様

以前は30室以上も空室があり、「何から手をつけて良いのか」全く分かりませんでした。

北海道大家塾で学び、原田社長はじめオーナーズビジョンの皆さんに助けてもらったおかげで良い管理会社さんに切り替えることができました

新しい管理会社さんには新築物件からお願いし、徐々に他の物件もお任せしましたが、積極的に空室対策へ動いてくれるため、満室になる物件が目に見えて増えていきました

収支も安定し物件もこまめに修繕できるため、今は満室が当たり前の状況です。

空室が増えるプレッシャーからも解放され、金銭的余裕と精神的余裕が生まれたおかげでストレスフリーな毎日を送ることができています。

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。

オーナーズビジョン株式会社