スタッフ募集中!詳しくはこちら!

第80回北海道大家塾 開催報告Vol.2~自らがやるべき対策が明確になった「インボイス制度」のピンポイント解説!!

イベントレポート北海道大家塾

お役立ちセミナーでは、『インボイスって大家でも必要って本当??をテーマに、税理士法人エンカレッジ中田事務所 所長 中田 浩貴 氏にご登壇いただき、「本当にインボイスの登録が必要なのか」について不動産オーナー向けにピンポイントで解説していただきました。

お役立ちセミナー

インボイスって大家でも必要って本当??

ミニセミナーを含め3回目のご登壇となった中田 浩貴さんは、26歳で脱サラし、オーストラリアのワーキングホリデーから帰国する際、「会計士や税理士などの資格があればオーストラリアの永住ビザが取りやすい」と聞いたことがきっかけで会計士の勉強を始めたそうです。

オーストラリア永住の夢は叶いませんでしたが、猛勉強し税理士試験に合格。
平成26年に税理士法人エンカレッジ中田事務所 所長に就任されました。

オーナーズビジョン株式会社の監査担当になったことがきっかけで不動産の勉強を始め、今では不動産オーナーの顧客がたくさんいる不動産に強い税理士さんです。

 

今回は、今年10月1日からスタートするインボイス制度について大家さん向けのセミナーをお願いし、以下の5点についてお話いただきました。

 

課税される取引や非課税取引、課税事業者の説明などを含めた消費税の概要

売手が買手に対して正確な適用税率や消費税額を伝える手段であるインボイスの説明
→経過措置として令和8年9月までは80%・令和11年9月までは50%
免税事業者等からの課税仕入れにつき仕入税額控除可能で段階的に下げていく

大家業に与える影響
→インボイス導入後、見解の相違がなくなる契約書上の記載方法など
大家さんが有利になるために、とるべき措置

インボイス登録事業者になる場合
→課税事業者との契約で課税取引がある場合には、賃貸契約書に登録番号を入れる必要がある。
導入前から取引している場合は覚書に登録番号を入れ、インボイス発行大家であることを相手にわかってもら い、消費税分をもらうよう明記する
→家賃と駐車場を一体で契約し直すなどの検討も必要

2024年1月完全施工となる電子帳簿保存法改正について

大家さんの顧問解約率は0件という不動産に詳しい中田先生だから話せる、インボイスと電子帳簿保存法対応を学ぶことで、曖昧だった疑問が解消し、自らがやるべき対策が明確になりました。

資料やアーカイブ動画を何度も見返すことで、知識を深めることができそうです。

 

↓詳しい開催報告はこちらからご覧ください↓

北海道大家塾
第80回北海道大家塾は、札幌駅最寄りの北海道建設会館に会場を設け、会場セミナーに60名、You Tube ライブ(限定公開)同時配信によるWEBセミナー(帯広サテライト会場も含む)には76名の計136名が参加の中で開催されました。 メインゲストには『大家による地域価値づくり!所有不動産とコネクションを使ったまちづくり』...

 

Vol.3(ミニセミナーに続きます
オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

オーナーズビジョン事務局

北海道大家塾・大家女子クラブを担当しております。
よろしくお願いいたします。

オーナーズビジョン事務局をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。