中途入社募集中!詳しくはこちら!

日経新聞「押し寄せる信金・東北勢伸びるアパート融資 札幌で地銀の「縄張り」攻略」

プレス

 

 

今日の日経新聞で「150年目の挑戦 第4部 金融乱戦(上)押し寄せる信金・東北勢伸びるアパート融資 札幌で地銀の「縄張り」攻略」の記事が出ていました。

記事の中には札幌の金融機関の例が書かれています。
道内信金の7割が札幌に進出し、渡島信用金庫(森町)や遠軽信用金庫(遠軽町)は市内の貸出残高のうち半分以上が不動産向け。
日高信用金庫も札幌市内でのアパートローンがけん引し、18年4~9月期の貸出残高(平均残高ベース)が前年同期比9%増の546億円。

道内に20ある信金のうち、14の信金が80強の店舗を構えているそうだ。
札幌に進出していない信金のほうが圧倒的に少ないということだ。
室蘭信用金庫(室蘭市)の札幌市内2店舗の貸出残高は、預金残高の5倍程度。

 

地銀の例も。
青森県の地銀、みちのく銀行の支店の融資残高は直近までの2年半で約2倍の1000億円弱に膨らんだ。
秋田銀行は約70年ぶりに札幌市内に新店舗を開いた事も触れられている。

 

このように、信金と記事には出ていないが信組も不動産に対する貸出は非常に大きいのが札幌の特徴です。

地銀に、北洋、道銀が出てこないが、完全に締めていますね。

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。