中途入社募集中!詳しくはこちら!

健美家に『苦境に立たされる民泊。北海道の民泊の状況は?』のタイトルでニュースコラムが掲載されました。

メディア掲載

コロナ禍が続く中、インバウンド需要が蒸発した現在、全国の民泊事業者の苦難は現在も続いています。
全国で3番目の登録を誇る札幌の状況を調査しました。

実際の声を更に聞こうと民泊の企画・運営にも携わる株式会社マッシブサッポロ(札幌市)の川村健治社長に話を伺いました。

民泊運営業者「TAKE」の破産申請により、札幌市の民泊事業者が加盟する「住宅宿泊管理事業者連絡協議会」の代表幹事に4月から就任した川村社長は1978年生まれの現在42歳です。

今後の民泊の未来を「コロナはいつか終わる。その時に必勝の体制をどこまで構築できるのかを今考えている」と川村社長は語っています。

ワクチンの接種が進み、国内はもとより国をまたいでの人の移動が解禁される遠くない将来。

インバウンドが急激に戻る時に備えて準備をし続けられるかが、各民泊事業者に問われているのではないでしょうか。

 

詳しくは下記URLよりご覧いただけます。

【健美家 賃貸経営/民泊・旅館業 ニュース】
https://www.kenbiya.com/ar/ns/for_rent/minpaku/4539.html

ぜひご覧ください!!

 

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。