第70回北海道大家塾開催報告Vol.2 SUUMO松本龍二さんの貴重な独自調査の結果とは?

イベントレポート北海道大家塾

第70回北海道大家塾は、札幌駅最寄りの北農健保会館に会場を設け、コロナ感染拡大防止対策を行なった会場セミナーには50名、You Tube ライブ(限定公開)の同時配信によるWEBセミナーには65名の計115名が参加の中で開催されました。

第一部『極東船⻑の弟が語る「⾦持兄ちゃん・貧乏弟(おん)ちゃん」〜なぜ一生懸命頑張っても差が開いて行くのか?』講師:有限会社アール 代表取締役 石垣 力 氏
第二部『入居率の高いオーナーと低いオーナーは何が違う?~空室対策の意識と行動の実態』
講師:株式会社リクルート住まいカンパニーネットビジネス統括本部(SUUMO)の松本龍二 氏


【第二部】

『入居率の高いオーナーと低いオーナーは何が違う? ~空室対策の意識と行動の実態~属性/自主or委託/経験年数でも違いが…』

「空室対策や入居率のために、何が効果的?」 
「管理は委託と自主管理、どちらが良い?」
「そもそも、入居率の高いオーナーと低いオーナーの違いは何?」

これは不動産業界の中で良く聞かれますが、即答できる正解は無い質問です。

賃貸オーナー様向けサービス「SUUMO 賃貸経営サポート」など、不動産実務経験を活かした商品企画や開発を手掛け、その業務の一環として、全国各地の大家団体に講演活動を行ってきた「SUUMO」の松本龍二さんもまた、これまでセミナーや懇親会で出会った約4,000人のオーナーから質問を投げかけられるたび、同じことを感じていたそうです。

この質問で問われている内容を、実際に調査してみよう!

松本さんがそう思い立ったのは、日本全国がコロナ禍で真っ只中の今年2月だったと言います。

コロナ禍でオフィスにほぼ出勤できないフルリモートワークの中、ウォーキングとオートバイに目覚めてしまうほど、アクティブで多彩な趣味を持つ松本さんは、その旺盛な好奇心を「入居率の高いオーナーと低いオーナーは何が違う?」という問いにも改めて向け、調査会社とともに「空室対策の意識と行動の実態」というテーマで独自の全国調査を行われました。

その結果、浮かび上がってきたのは、

賃貸オーナーである自分を大家と思うか?経営者と思うか?不動産投資家と思うか?
その意識の差が空室対策への問題意識や行動に 反映され、入居率が高いか?低いか?にも表れている

という実態でした。

■調査概要
今回の調査対象は、居住用賃貸物件を10戸以上、保有しているオーナー約1000人
ー 全国の賃貸オーナー約2万人の5%に相当(北海道は31人)

入居率95%以上を「入居率の高いオーナー」と定義(459人)
入居率90%未満を「入居率の低いオーナー」と定義(311人)

男女比は全国でおおむね男8:女2。
平均年齢は56歳 50~60代の経験豊富なオーナー
保有物件数は10~14戸 平均26戸

調査はエリア・居住地とともに「物件管理方法」「賃貸経営 経験年数」「保有資産」「入居率」などの項目を組み合わせ、さまざまな観点から調査・分析が行われていました。

その中で「入居率の高いオーナーと低いオーナーの違い」として、「いくつかのポイントがある」と
松本さんは語ります。

 

セミナーのまとめとして、松本さんは今回の調査結果から以下のようなメッセージを参加者に伝えました。

「入居率の高いオーナーになっていただくためには、自分自身を「大家」「投資家」であると同時に「賃貸経営者」であるという意識を持ち経験年数、管理方法、空室時や満室時に関わらず普段からの情報収集・マーケティングにより募集条件の見直しや改善を行なって物件の品質・価値を高めパートナーである不動産会社(管理会社・仲介会社)との良好な信頼関係を築いていただくことが重要です」

また参加者には、松本さんの調査結果がまとめた100ページ以上の貴重なデータがPDF資料として配布されました。

今回、松本さんがセミナーで語っていただいた内容は賃貸オーナーの意識が結果的に入居率の高さ、低さ
となって
表れてくるという事実を、調査結果データの裏付けがそろうことで、より強く実感できる貴重な情報だったと思います。

Vol.1(第1部)もご覧ください

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。