中途入社募集中!詳しくはこちら!

第75回北海道大家塾 開催報告Vol.2 【家賃保証会社としてJIDが考える役割とは】

イベントレポート北海道大家塾

​​第​​75回北海道大家塾はイベント開催制限を遵守し、コロナ感染拡大防止対策を行なった​​会場セミナーに45名、
You Tube ライブ(限定公開)同時配信によるWEBセミナーには69名の計114名参加の中で開催されました。

​​​​

お役立ちセミナーでは、日本賃貸保証株式会社 北海道/東北エリアマネージャーの 大原 賢(おおはら まさる)氏を講師としてお招きし、『 賃貸保証の利用メリットはどこにある?~保証会社って必要なの? 誰が保証会社を選定しているの? 』をテーマにお話していただきました。

自社の事業概要を踏まえ、賃貸住宅管理業で多い対応が困難なトラブルや賃貸保証業界に対する「保証業者を選べない」「指定業者が選べない」という不満、または賃貸オーナーが抱える孤独死や明渡訴訟といったリスクに対し、日本賃貸保証株式会社のサービス内容を例に家賃保証会社を利用するメリットについて説明いただきました。

お役立ちセミナー

賃貸保証の利用メリットはどこにある?
保証会社って必要なの?誰が保証会社を選定しているの?

日本賃貸保証株式会社(JID)の大原さんは札幌のご出身。
また、今回のメインゲスト太田垣先生がJIDさんの明渡し訴訟手続きをご担当されているそうです。

今回は「家賃保証会社として、JIDが考える役割」について語っていただきました。

JIDさんは今までの慣習や賃貸契約の条件設定が変わり、大家業の負担が増す中で、連帯保証人に頼らなくても賃借人の信用を保証することでスムーズにお部屋を借りられる「賃貸保証システム」を作られてきました。

人口の減少や少子高齢化、新型コロナウイルスの感染拡大による繁忙期の変化とともに、2020年4月の民法改正により、賃貸契約にともなう連帯保証人への極度額が設定され、家賃保証業界にも役割の変化が生まれたそうです。

その中で大原さんが問題視されたのが、「入居者の22%のが保証会社に対し不満を持っている」というアンケート結果でした。

 

・賃借人の生活基盤の立て直し支援を目的とした、無料で貸すシェルター物件による住居支援
・職を失った方への職業紹介
・居室内に残された遺骨190件の永代供養墓の建立
・ペットの引き取りと新たな里親へのマッチング

などの「寄り添う支援」にもJIDグループとして取り組まれているとのことでした。

そして法人である賃貸オーナー様と直接契約することも可能で、個人の方でも簡単な審査を通じて相談に応じてもらえるそうです。

このような事例のお話を通じて、『入居者の生活改善・立て直しをするコンサルティングを重視することが、結果的に賃貸オーナーが所有する物件の資産価値を守る』というJIDさんの考え方を学ぶことができました。

 

Vol.1メインゲストに続きます

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。