第64回北海道大家塾は仙台大家の会 現地世話人の菅原貴博 氏と 税理士法人エンカレッジの中田浩貴 氏にご登壇いただいきました。

イベントレポート北海道大家塾

2020年9月26日(土)に第64回北海道大家塾を会場とWEB同時配信で開催いたしました。

今回は、仙台大家の会 現地世話人の菅原貴博さんと税理士法人エンカレッジの中田浩貴さんにお話しをしていただきました。

 

第一部の菅原さんに、『賃貸経営歴16年!サラリーマンから転身した専業大家が語る賃貸経営の生き残り方』と題して、「生き残る=失敗ない」について特に重要な

《情報の裏を取る!(真偽の確認)》
《他地域のオーナーと交流しよう!》
《得意技を経営に落とし込もう!》

という3つについてお話と、菅原さんが賃貸経営において常に意識していることについてお話いただきました。

第二部は中田さんに、『知らないと損する?!税に関する基礎知識と不動産オーナーの法人成りのポイント』 と題して、

《不動産にかかる税金などの税に関する基礎知識》
《不動産オーナーが法人を設立し、事業を法人に変更する時のポイント》

をお話いただきました。

 

 

またサポートパートナーの企業紹介では、

株式会社パワーステーションさん(新規加入)
株式会社フルタイムシステムさん
北海道ガス株式会社さん
株式会社クレディセゾンさん

の4社に会場で紹介PRをしていただきました。

 

また前回の北海道大家塾より設置しております「サポートパートナーブース」は、今回マンション宅配ロッカー台数が業界NO.1の株式会社フルタイムシステムさんにお願いしました。新型コロナウイルスの影響で非接触型の宅配ボックスの需要は拡大しているようです。
この機会に設置相談をされた方も多かったようです。


ー会場セミナー風景ー


第一部:『賃貸経営歴16年!サラリーマンから転身した
専業大家が語る賃貸経営の生き残り方』

仙台大家の会 現地世話人の菅原貴博 講師



【塾長 原田の感想】


第一部 菅原さんの「
賃貸経営歴16年!サラリーマンから転身した専業大家が語る賃貸経営の生き残り方」と題したセミナーは、賃貸経営に限らず全ての事業を成功させるための本質的なお話でした。

 

そのポイントは、コミュニケーション。
この「コミュニケーション」を言語化して分かりやすく解説してくれた。

 

菅原さんのようなコミュニケーションをとれるオーナーなら管理会社も不動産会社もきっとファンになり、強力なサポーターになると思いました。

 

だからこそ、どんどん物件情報が菅原さんに集まってくるんだと実感しました。

もっと時間があれば更に深い話をして頂く事ができたと思いますが、残念ながら全部のお話をお聞きするとはできませんでした。

 

この続きはまたどこかで聞ける機会をお願いしたいと思っています。
第二部:『知らないと損する?税に関する基礎知識と
不動産オーナーの法人成りのポイント』


税理士法人エンカレッジ中田事務所 所長の中田浩貴 講師




【塾長 原田の感想】


税理士でありながら異色の経歴の持ち主の先生ですが、そのコミュニケーション能力の高さはオーストラリアのワイキングホリデーの賜物なのか、とても分かりやすく税金についてお話していただきました。

こちらも満足度が非常に高かったセミナーだったと思います。

最後の税務調査についてのお話が時間切れでお話が聞けなかったのが非常に残念ではあります。

こちらもこの続きはまたどこかで聞ける機会をお願いしたいと思っています。 

 

 

 

【北海道大家塾有料会員】になると動画を視聴できます。
 
今回の横山さん・金城さんのセミナーも北海道大家塾有料会員の専用ページ
【北海道大家塾アーカイブ】で視聴できるようになります。
新会員ページ準備中です
新しい会員ページはただいま準備中です。お客様におかれましては、大変ご迷惑をおかけし申し訳ありません。北海道大家塾のページにて、見やすくリニューアルを行っておりますので、今しばらくお待ちください。

 

この【北海道大家塾アーカイブ】では過去の北海道大家塾の動画がご覧になれます。
また順次動画やその時の資料などを更新しています。

 

また、北海道大家塾の最新版については、編集なども含めると公開に約二ヶ月くらいの
時間を頂いています。

 

これ以外にもオトクな16大特典をご用意した北海道大家塾有料会員にぜひお申込みください。
————————————————————————————————
北海道大家塾
北海道大家塾の主催者からのご挨拶
————————————————————————————————

 

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。