中途入社募集中!詳しくはこちら!

ハザードマップは絶対に確認しましょう

災害対策

今回の札幌市清田区里塚と北広島市並木町の液状化は、
「重ねるハザードマップ」見ると危険度が高いことがわかります。

重ねるハザードマップ
重ねるハザードマップ |身の周りの防災に役立つ情報をまとめて閲覧

 

この里塚のエリアはこのように記載されています。
土砂災害の危険性:土石流危険渓流(土石流の発生の危険性があり、人家等に被害を与えるおそれがある渓流)

 

一般の方はもちろんですが、不動産オーナーや不動産業者はチェックが必要です。

また所有されている不動産がこれに該当する時には、備えをしておく事が必要でしょう。

 

 

北広島並木町のこのエリアにはこのような記載が。

土砂災害の危険性:急傾斜地の崩壊警戒区域(傾斜度が三十度以上である土地が崩壊する自然現象)

重ねるハザードマップ

重ねるハザードマップ
重ねるハザードマップ |身の周りの防災に役立つ情報をまとめて閲覧

市町村のハザードマップは小さくてあまり場所を特定しづらいです。

http://www.city.sapporo.jp/kikikanri/higoro/jisin/documents/090120021165btoy.pdf

これじゃ よくわかりませんよね。

重ねるハザードマップは
かなり拡大できるので、詳細な一を把握できます。

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。