第71回 北海道大家塾開催レポートVol.2 『リノベーションで空室改善』

イベントレポート北海道大家塾
第71回北海道大家塾は、札幌駅最寄りの北農健保会館にてコロナ感染拡大防止対策を行なった会場セミナーに47名、You Tube ライブ(限定公開)の同時配信によるWEBセミナーには55名の計102名が参加の中で開催されました。

 

第二部:思い込みにさようなら♪これが女子力企画室のリノベーション!!
~「住みたい!」「住み続けたい!」と思ってもらえるお部屋とは?

 

第二部の内容に先立ち、株式会社朝日リビング 札幌支店代表の米井哲也さんより、「業界のリフォーム売上ランキング「賃貸部門」で5年連続一位」の実績を誇る朝日リビング様の企業紹介を、 独自のサービスである『建物診断』をふくめ、お話いただきました。

 

次に女子力企画室プランナーとして活躍される野﨑 千歳 氏にご登壇いただきました。

 

これまでたくさんのオーナー様とお話させていただく中で
『リノベーションで失敗してしまった』
『お金をかけたのに、空室が埋まらず家賃を下げてしまった』
と語るオーナー様もいらっしゃいました。

その失敗談を整理していくと、リノベーションの失敗の原因は思い込みにあったことが分かりました。

「賃貸リノベーションの専門集団として、女子力企画室が考えるのは、『空室対策』です」

野﨑さんご本人からは、これまで関わったリノベーションの事例を交えながら、

「住みたい!(=入居促進)、住み続けたい!(=退去抑制) お部屋」と思われるためのリノベーション手法について、より具体的なポイントをお話いただきました。

賃貸オーナーさん、または管理会社にとって、

『リノベーションはコストが高い』
『大規模な修繕になる』
『内装も費用をかけないといけない』
『おしゃれにする必要がありそう』

というイメージが強いですが、これが思い込みにつながります。

リノベーションはこれだけではありません。

賃貸リノベーションの専門集団でもある野﨑さん達の女子力企画室では、

〇コストをやりくりするためのテクニックは、「一点豪華主義」「ぷちっとリノベ」の使い分け

〇アイデアで勝負!ローコストのリノベーション『ぷちっとリノベ』
外装だけ、少額な費用、または部分的な工事でも、充分に入居促進へつながるリノベーションができます

〇全部ではなくマトを絞り、「写真映え」箇所をつくるリノベーション『一点豪華主義』

を賃貸オーナーへご提案しています。

「ただし、流行りの建材や人気の設備を使ったり、とにかくおしゃれにする!ということを考える前に、大切なことがあります。それは、『入居者ターゲット』の設定です」

「どんな入居者のニーズにとって、必要な設備や便利な機能か?または、快適な間取りやおしゃれは、「誰にとって」の快適さやおしゃれか?」

「この『入居者ターゲット』が明確なリノベーションであれば、根拠が明確なため、入居の促進や家賃収入の
アップにつながるプランも立てやすく、無駄なコストをかけた工事も防げます」

逆にこの点を考えず、思い込みだけでリノベーションをすると、掛けなくても良いコストを掛け過ぎた工事となり、入居者も集まらず、結果的に空室を埋めるために家賃設定を下げるなど、賃貸経営にとってプラスにならないリノベーションとなってしまう結果に。

「人気が高い対面キッチンのリノベーションも、ターゲットのライフスタイルや予算によって、さまざまなアイデアや採用の仕方を検討することができます」

「また、ゴミ置き場が空室対策に関係ないというのも思い込みです。エントランスだけでなく、ゴミ置き場の印象で物件の印象が変わることもあります」

思い込みだけでリノベーションしてしまったという失敗事例、または、これまで手掛けられたリノベーションの成功ポイントなど、たくさんの画像から具体的かつ細かいポイントまでていねいに紹介された野崎さんのセミナーは、まさに「女性ならではの目線」「行き届いた気配り」を感じることができる内容でした。

同時に、印象を変えるだけではなく、空室を改善するという成果が求められる賃貸物件のリノベーションには、専門集団としての考え方にもとづいた成功事例から、『入居者ターゲットを設定することがいかに大切か?』も教えていただく機会となりました。

Vol.1(第1部)もご覧ください

↓詳しい開催報告はコチラ↓

北海道大家塾
第71回北海道大家塾は、札幌駅最寄りの北農健保会館に会場を設け、コロナ感染拡大防止対策を行なった会場セミナーには47名、You Tube ライブ(限定公開)の同時配信によるWEBセミナーには55名の計102名が参加の中で開催されました。 第一部では株式会社SIRE 代表取締役 木津雄二氏を講師としてお招きし、木津氏自身...

 

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。