北海道大家塾 塾長 ブログ(2020/4/25)

北海道大家塾

北海道大家塾の原田です。

新型コロナ給付金が「国民1人当たり10万円」に決まりましたね。
従来の「世帯」から「個人」になり、所得制限は設けない一律給付で決着した様です。
施策に必要な財源は12兆円にも上ります。

まだ具体的な申請方法や給付の仕方など、これから決定される様ですが、スピード感を持っておこなって頂きたいものですね。

賃貸用アパートの入居者にも影響が出てきています。
ホテル従業員が2名退去が入ったとか、飲食店勤務者が滞納をし始めたりとかの話を何人かのオーナーから聞きました。

公益財団法人日本賃貸住宅管理協会から「新型コロナウイルス感染症に伴う入居者対応等について」の指針が出ていますので、オーナーはよく読んで確認しておいてください。
↓   ↓   ↓

【国土交通省】新型コロナウイルス感染症に伴う入居者対応等について | 公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会
 これまでも、民間賃貸住宅に居住している新型コロナウイルス感染症の影響を受け、生活に困窮している方に対し、その置かれた状況に十分に配慮した丁寧な対応のご協力を会員の皆さまにお願いしているところですが、居住者から相談を受けた場合には、各自治体にある「住居確保給付金」の窓口である『自立相談支援機関の相談窓口』や『新型コロナ

この様な時期ですので、参加される方は少なめにいたしました。
そして定員をさらに減らし、70名から50名で開催致します。

広い会場をご用意していますので、間隔を広くとって座って頂けます。
ご参加をお待ちしております。

 

5月北海道大家塾は通常通り行う予定ですが、有料会員様限定でZoomの生配信も同時に行う事と致しました。

今回は先着80名様→70名様→50名様とさせていただきます。
まずはお席確保のためにお早めにお申込みください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2020年5月30日(土)開催の
北海道大家塾の詳細はこちらをご覧ください!

北海道大家塾
5月北海道大家塾は、WEB配信のみの開催に変更となります!!

 

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。