中途入社募集中!詳しくはこちら!

初WEB開催!!第61回北海道大家塾を開催いたしました。

イベントレポート北海道大家塾

3月28日(土)に第61回 北海道大家塾を開催いたしました。
今回は新型コロナウイルスの影響を考慮し、初のWEB開催といたしました。

第一部 『オートロックがなくても諦めない!
最新セキュリティ機器による防犯強化でビックリ・カンタン満室経営』



日本不動産コニュニティ-(J-REC)の理事を務めており、累計受講者4,000名を超える東京大家塾主宰の大友哲哉氏に東京から、防犯についての基本的な考え方から実践方法まで、最新の機器の紹介を交えて解説していただきました。


賃貸住宅新聞の「入居者に人気の設備ランキング2019」によるとエントランスのオートロックが単身者向けが2位、ファミリー向け3位となっています。
ですが、小規模物件ではオートロックはなく、ましてや後付けで工事をするには、物理的にもコスト的にも折り合いがつきません。
とはいえ、ここで諦める必要はありません。入居者が気にするのは防犯性なのです。

オートロック以外の設備やサービスで防犯性を高めることで空室対策や、長期入居促進を推し進めましょうという内容でした。


第二部 『マンション共用部にLED照明を初期費用0円で導入する方法』

【LED初期費用0円導入】 による不動産物件の”バリューアップ”と ”利回り向上” をテーマに、
不動産オーナーに特化した支援をしており、毎月全国で50棟ほどの施工実績をもつバズエリア株式会社。
「多くのマンションでの導入実績が進んでいる、この0円導入のその仕組、からくりとは?」を
バズエリア株式会社の田村涼平氏に解説いただきました。

国策として蛍光灯ランプの生産はまもなく中止となり、2030年までに設置件数もゼロにする事になっています。既にお持ちの物件の共用照明器具が蛍光灯の場合に、今後照明器具をLEDに交換する必要が出てくるのです。
共用部のLED化は、電気代の大幅削減だけでなく【蛍光灯よりも明るくなる】【照明器具交換の手間が省ける】【虫が寄り付かなくなる】といったメリットもありますが、気になるのは設置コストです。

今回のバズエリア社では0円導入をしてくれます。

不動産業もリモートワークなどのデジタル・トランスフォーメーション(DX:デジタル変革)が求められてきます。

3月の北海道大家塾はこんな時期だからこそ、DXを推し進めました。

当日の詳しい様子は後日、お知らせいたします。

 

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。