第69回 北海道大家塾開催レポートVol.1『仙台大家の会 菅原貴博さんがご登壇』

イベントレポート北海道大家塾

 

第​​69回北海道大家塾はイベント開催制限を遵守し、コロナ感染拡大防止対策を行なった​​ 会場セミナーに50名、You Tube ライブ(限定公開)同時配信によるWEBセミナーには 60名の計110名参加の中で開催されました。

第一部では 、昨年も講師としてご登壇いただいた仙台大家の会 現地世話人である菅原 貴博さんに「初心者向けのお話とシミュレーションと収益改善」というテーマでお話いただきました。

第二部では 全保連株式会社 法人営業部の齊藤 竜太 さんを講師にお招きし、保証会社という立場から見た近年の不動産業界の実情と、賃貸オーナーをサポートする家賃保証というシステムに関してお話いただきました。

 

第一部: 『初心者向けのお話とシミュレーションと収支改善』
~ 大家になることが目的ではない!

昨年9月にも北海道大家塾の講師としてご登壇いただいた菅原さん。
「前回、時間の都合でカットしたら『聞きたかった!』という感想をたくさん頂いた内容をお伝えします (笑)」と大きな反響のあったのが、今回のシミュレーションや収益改善についてのお話でした。

「不動産投資に関する話と言えば、多くの人は手法から入ります。そして、大怪我するのが、『とりあえずやってみたい』という考えで、始めてしまうことです」

北海道大家塾の理念でもお伝えしている通り、大家業は事業であり大家さんは経営者です。
経営を行なう以上で避けては通れない「数字」の大切さを、菅原さんはこんなひと言から語り始めました。

 「大家さんになる、不動産投資をすることは、あくまで「手段」です。その『目的』は何か?
 をまずは考えることです」

 「次に、何年後にいくらまで収入増やしたいのか?という『目標』を明確にしないと、
 現実的ではない計画を立ててしまった上に、チグハグな手段を選んでしまうことになります」

 『仙台大家の会』は、菅原さん自身が東北6県にわたる大家さんのコミュニティとして2008年に立ち上げられました。入会金も年会費もなく、敷居の低い緩やかな大家さんのネットワークとして活動しているため、毎年30名ほどの大家さんが入られるそうです。

様々な経験を経て、菅原さんは大家さん予備軍の方々に向け、特に伝えたい大切なことをまとめた配布用の資料を作成。それが、「初心者向けのお話」として語られるポイントを教えていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。