第59回北海道大家塾『シェアリングエコノミーが変える不動産の未来』『コスト最小で利益を最大化する築古不動産のデザインリノベーション』

イベントレポート北海道大家塾
2019年11月30日(土)に第59回北海道大家塾

第一部『シェアリングエコノミーが変える不動産の未来 不動産の時間貸しの実態と未来の可能性について』
第二部『コスト最小で利益を最大化する築古不動産のデザインリノベーション』が開催されました。

 

来て頂いた方のアンケートを見ると
非常に満足度が高く勉強になったセミナーでした。

第一部:『シェアリングエコノミーが変える不動産の未来 不動産の時間貸しの実態と未来の可能性について』
SPACEMARKET スペース開発マネージャー 高尾友喜 講師

◆スペース貸しとは・・・

◆多種多様な利用目的




◆取り組み実例


 

第二部:『コスト最小で利益を最大化する築古不動産のデザインリノベーション』
現役ドクター K 講師

◆なぜ築古不動産・・・?


◆不動産投資開始!







◆DIYの様々な工夫





第一部の高尾さんのお話は、貸し方の発想の転換を強烈に感じました。 

現在賃貸業界の貸し方の転換の代表として、「住宅」から「宿泊」があげられます。
民泊や旅館業の許可を取得し、「一日単位」で貸すことによって時間単価をあげていく転換です。

そして今回の「スペース貸し」は「○○単位」での貸し出しです。
この今までに無い「○○(=不動産)活用手法」の創出によって思いもよらない活用が出てきて
います。  

・寺✕○○○○
・○○○○○○○○✕スポーツ観戦
・○○○✕パーティーor撮影会orオフサイトミーティング
・賃貸マンション✕インドア○○or飲食店○○○○○○○などなど
・○○✕撮影会 

頭を柔らかくして、何を何に貸せるのか?
思いも寄らないアイデアが必要ですし、賃貸オーナーに取っては発想の転換になるお話が
多かったのではないでしょうか?

駅チカのワンルーム物件を多額のリフォームをかけても通常の賃貸であれば、
家賃はせいぜい3万円台。 

これなら貸し方の転換を行うことによって、もっと効率の良い貸し方が出来るかも?
と思っていただけるだけでも良いかと思います!

早速スペースマーケットのwebサイトを見て、色々と研究しましょうね。

レンタルスペースでやってみたいを叶えよう - スペースマーケット
イベントスペース、貸し会議室、撮影スタジオなどさまざまなタイプのスペースを14,000件以上掲載。会議・撮影・デート・料理・ゲームなどお好みの使い方で。

 

第二部のKさんのお話をお聞きした感想は「天才」でした。
お話にもありましたが、シェアハウスの備品の殆どがリサイクルショップや100円均一で購入。

外国人に受けるからと、○○や和の○などを購入し飾ったり、○○○○○○での号室プレート。 

柔らかい発想と、着実にコツコツとすすめる、賃貸経営の手法。
聞くこと全てが参考になったのではないでしょうか? 

最後にKさんが言っていた、「無理な規模拡大はしない、自分のペースで。
不動産は足し算の投資、小さい物件からでも工夫して利益を積み上げていけば必ず目標に達する」
の言葉が印象に残ります。 

ドクターの属性を活かして、フルレバレッジで大型物件を購入することもできたでしょうが、
確実着実にすすめている姿は、多くの大家さんの見本となるものだと感じました。 

両方のセミナーに共通することは発想の自由さ、頭の柔らかさです。

皆さんのアンケートを読みましたが非常に満足度が高かった講演内容でした。

 

【北海道大家塾有料会員】になると動画を視聴できます。
 
今回の高尾さん・Kさんのセミナーも北海道大家塾有料会員の専用ページ
【北海道大家塾アーカイブ】で視聴できるようになります。
新会員ページ準備中です
新しい会員ページはただいま準備中です。お客様におかれましては、大変ご迷惑をおかけし申し訳ありません。北海道大家塾のページにて、見やすくリニューアルを行っておりますので、今しばらくお待ちください。

 

この【北海道大家塾アーカイブ】では過去の北海道大家塾の動画がご覧になれます。
また順次動画やその時の資料などを更新しています。

 

また、北海道大家塾の最新版については、編集なども含めると公開に約二ヶ月くらいの
時間を頂いています。

 

これ以外にもオトクな9大特典をご用意した北海道大家塾有料会員にぜひお申込みください。
————————————————————————————————
北海道大家塾
北海道大家塾の主催者からのご挨拶
————————————————————————————————

 

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。