中途入社募集中!詳しくはこちら!

収益力、運用力を高める「賃貸管理」

賃貸経営

皆様「賃貸管理」とお聞きして、何を思い浮かべますか?

お掃除?リフォーム?クレーム対応?

管理と聞くと、
上記のような事を思い浮かべると思うのですが、
実はもっと広い範囲を言います。

管理という業務には、
建物の維持管理はもちろんですが、
実は募集戦略、契約業務、家賃滞納対策、
退去立会いなど多岐にわたります。

その中でも、
一番の仕事である物件の募集について考えましょう。

募集については、皆様どのように考えていますか?

仲介会社、管理会社に任せているから大丈夫?・・本当にそうですか?

先日、ある物件を購入検討で調査に行きました。

その物件は、今までの管理業者さんが、
オーナーから依頼されて、
物件を売りに出していました。

6件中3件の空きがあるので、
空室を下見してリフォーム費の算出をしに行きました。

そうしたら、
空室がある2階に上がろうとした時、
まず階段が雪で登りづらい。

まあ、それはよくある話なのですが、
空室のドア前の雪が見事にコンモリ。

空室内部を見ることもできません。

しかも、その管理会社兼仲介会社は、
この物件を購入できるのは、
そのまま管理契約を引き継いでくれる方に優先したいと言うのです(怒)

まさに、マッチポンプとでも申しましょうか、
管理で空室を作り、
売り物件を作り、
売買でもそんな条件をつけるものですから、
買い叩かれる。。
オーナーの利益をかなりマイナスにしていると思うのですが。。

こんな事は、珍しいことでは無く、よくある話です。

みなさんの物件は、案内されるべく準備されていますか?

準備とはアパートの「商品化」です。

募集を考える上では、アパートの商品化を考える必要があります。

一つの例ですが、冬の時期に入居者希望者が内見に来るとします。

寒いですよね~

案内用にスリッパが用意されいますか?
空室に入ると入居者がここで住むかどうか検討します。

しかし足が冷たいと、
「寒い!」ので
早く次の物件を見に行こうと思います。

もしスリッパが物件にあったら。

しかも、「もこもこ」の温かいスリッパがあったら、
特に奥様は喜びますよね。

「あっ!この物件はなんか違う」と。

このように、商品化とは物件の整備から案内の仕組みまで多岐にわたります。

まずは、自分の商品(アパート)に感心を持って下さい。

 

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。