中途入社募集中!詳しくはこちら!

長期入居していただくためには

賃貸経営

 

空室対策よりも、現在の入居者にご満足いただき、長期入居していただくための対策を考えてください。

大家さんの収入は不動産が生み出しているのではありません。入居者の財布から出ているのです。

J-REC理事の西山雄一さんは、いつもこの言葉を心に刻んで、大家業に当たっているそうです。

そこで今回は長期入居の施策(テナントリテンション)について、一緒に考えてみましょう。

 

会員さんの中でTさんという方がおります。

この方のテナントリテンションは、ハード面では無くソフト面です。


どうしているかというと、確か 2 年目位からだと思いますが、入居年数に応じた商品券をお渡ししていました。

2 年目だと5,000円。

3 年目だと6,000円。

4 年目だと7,000円という感じです。

単身世帯の方は、とても喜ぶかもしれませんね。

私も、自分の物件に 15 年もご入居していただいている入居者さんがいます。

ファミリー物件では、長期入居後に退去されると多大なリフォーム費用がかかります。

また入れ替わる度に、広告料もかなりかかります。

そう考えますと、テナントリテンションで、入居者さんに少しでも長くお住いになって頂く事が、何よりも重要だと感じます。

 

私が実施予定で、長期入居者様へのプレゼント企画を考えました。


入居 15 年の方には、TVインターフォン・シャワートイレ・ガスレンジ・洗面化粧台交換を提供しようと思っています。

入居 9 年の方にはTVインターフォン・シャワートイレをプレゼントしようと計画しています。

今回、先ずは長期入居の方に対して、対策するわけですが、他の方に対しては入居年数で以下のことを検討しています。

入居 5 年で、プロのお部屋清掃かシャワートイレの選択制 。

入居 8 年で、ニトリのギフトカード1万円進呈。

入居 10 年で、カーテンを新調できる金額のギフトカード。

以降 1 年ごとに、1 万円のギフトカードや、クロス 1 部屋分の張替え等を提案。

こんな事を考えています。

いま、管理会社さんに提案する内容を検討していますが、私が考えるテナントリテンションはこんな感じです。

皆さんでしたら、どんな事を考えますか?  

 

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。