中途入社募集中!詳しくはこちら!

リフォーム工事単価知っていますか?

リフォーム・リノベーション

 


今回のお話はリフォーム工事施工単価のおはなしです。

 

施工単価は、誰に頼むかによって大きく変わってきます。

管理会社さんに頼むと、おおよそこんな感じです。

管理会社→リフォーム業者→職人

それぞれに、経費がかかります。 当たり前ですね。

だいたい、こういった工事には、2 割から3割の利益は普通です。

5 割位経費を取るところも多くあります。

ですから、依頼する大家さんとしては、そう言った費用に経費が乗っていることは当たり前に考えてください。

管理会社さんの担当が、何度かリフォームの打ち合わせをして、確認に足を運ぶとなると当然ながら、経費はかかります。

ただどれくらいの経費が妥当なのか?

これも、だれが、そこに行って確認するのか?電話だけで済むのか?

そんな事で経費の率は違っていて当然です。

 

そこで、8年前に私が依頼したリフォーム工事の見積書をそのまま公開しちゃいます

 

 

クロスの単価などは、もっと安く出来るという方がいます。

 

私の方式は、あくまでリフォーム会社さんに発注して、私のかわりに現場の確認や、リフォームをどこまでやるのか等の相談も入っています

 

多分、直接職人さんに依頼すると、クロスなんかは 500 円台でも可能です。

ただ、施工後の検査等を考えると、頭になる人に入っていただいたほうが良いので、この位かと思います。

もし「え!!  こんなに安いの!」と言う人は要注意かもしれません。

この見積は、高くはありませんが、そんなに特別安い金額では無いと思います。

 

要は、自分がどこまで入って、やるかどうかで、金額は簡単に変わります。

もし私に頼んだ場合は、だいたい 15%は粗利を頂戴しないと経費倒れになります(笑)

10 万円の工事なら、15,000 円という感じです。

 

ですから大きな管理会社さんや、ハウスメーカーさんがどれくらい粗利をのせるか?

何となくでも理解していただきましたでしょうか?

 

それでもそこに頼む価値があるなら、何の問題はありませんし、切り詰めるところは切り詰めるべきです。

 

要はそれを分かって頼んでいるかどうかです。

 

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。