中途入社募集中!詳しくはこちら!

【不動産投資を考えられている方へ!実印が求められる時とは?】

不動産投資 実印
お役立ち情報

「不動産投資を検討している」
「不動産投資をする際には、どのタイミングで実印が必要なのかについて知りたい」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

今回は、不動産投資の手続き中に実印が求められるタイミングについてご紹介します。

不動産投資をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□実印が求められるタイミングについて

まずは、実印が求められるタイミングについてご紹介します。
そのタイミングとは、高額な取引を行うにあたって必要となる契約書を作成するときです。
一般的に実印は、不動産を購入・売却する際や自動車を購入・売却・譲渡するタイミングなどの大きな金額の取引をする際に必要になります。

そのため、不動産投資をする際にも実印が必要となるタイミングがあります。
このような場面では、実印だけではなく印鑑証明書も同時に準備する必要があるので注意しましょう。

□実印を作成する際に気をつけておきたいポイント

このように実印は重要な場面で用いられる物なので、作成する際にはさまざまな注意点があります。
次は、実印を作成する際に気をつけておきたいポイントについて紹介します。

1つ目は、印影のサイズです。
印影とは、実印を押した際に残る朱肉の跡のことです。
一般的に8ミリの正方形に収まらない且つ25ミリの正方形から飛び出ないサイズが適正サイズだと言われています。
しかし、市区町村によってはルールが異なる場合もあるので注意しましょう。

2つ目は、印影の形です。
実印には円形や角形などを含め、数種類の形があります。
これらの形にもルールが設けられているケースもあるので注意しましょう。
形を決める際の注意点としては、輪郭が欠けないようにすることです。

輪郭が欠けていると印影が残らない可能性があります。
その結果、偽造などのトラブルにつながる恐れがあるので、実印として認められない場合があります。
そのため、印影の形には注意しましょう。

3つ目は、刻印内容についてです。
実印によって刻まれる文字についてもルールが定められています。
戸籍に登録されている名前でも、使用できない内容のハンコもあるので注意しましょう。
例えば、逆彫りのタイプやイラスト付きのタイプが挙げられます。
使用可能とされている選択肢の中から、選ぶようにしましょう。

□まとめ

今回は、不動産投資手続き中に実印が求められるタイミングについてご紹介しました。
実印を作成する際には、さまざまな注意点があるので注意しましょう。
不動産投資をお考えの方は、この記事で紹介した内容を参考にしてみてください。

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。