中途入社募集中!詳しくはこちら!

不動産オーナー様へ!電気給湯器「エコキュート」「電気温水器」の違いを解説

不動産オーナー様へ!電気給湯器「エコキュート」「電気温水器」の違いを解説
お役立ち情報

電気でお湯を沸かす給湯設備である「エコキュート」と「電気温水器」ですが、意外と違いがわからない人も多いのではないでしょうか?それぞれ見た目や特徴、価格など、さまざまな違いがあります。そこで今回は、「エコキュート」と「電気温水器」の仕組みや違いを解説します。

□「エコキュート」と「電気温水器」の仕組み

「エコキュート」は、ヒートポンプという技術で自然冷媒を使用してお湯を作ります。
正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」と言います。室外機を使って大気中から熱を吸収し、電気エネルギーによってCO2を圧縮して高温にします。つまり、空気の熱エネルギーと電気のエネルギーどちらも活用し、省エネルギーでお湯を沸かすことができます。エアコンや冷蔵庫にもヒートポンプの原理が使用されています。導入するには、電気・水道工事に加え、基礎コンクリート工事が別途必要になります。

一方「電気温水器」は、貯水タンクの中に電気ヒーターを設置してお湯を沸かし、いつでも使える状態にできる仕組みです。巨大な電気ポットをイメージするとわかりやすいかもしれません。

□「エコキュート」と「電気温水器」の違いは?

*お湯の作り方

エコキュートは、ヒートポンプという技術で自然冷媒を使用してお湯を作ります。室外に設置されたファンが空気を取り込み、コンプレッサーで空気を圧縮させて温水を作ります。比較的少ない電気でお湯を沸かすことが可能です。

電気温水器は、貯水タンクの中に電気ヒーターを設置してお湯を沸かし、電気を利用してヒーターを暖めます。これにより、いつでもお湯を使える状態に保ちます。

*電気代(コスト)

機種にもよりますが、エコキュートの方がお得になります。設置費用がかかりますが、少ない電気でお湯を沸かすことができるので、その分ランニングコストを抑えることができます。エアコンの省エネ化にも活用される技術なので、電気代の​​節約につながります。

*設置スペース

エコキュートは、貯湯ユニットと室外機のヒートポンプユニットを設置しなければなりません。その分、多くの設置スペースの確保が必要になります。一方、電気温水器は、貯湯ユニットのみの設置でお湯を沸かすことができます。

□まとめ

ここでは「エコキュート」と「電気温水器」の仕組みや違いを解説しました。エコキュートは、設置費用がかかりますが、電気代が安くなるため利用者が増加しています。電気温水器は、貯湯ユニットのみの設置で初期費用は安くなりますが、電気代は高くなります。それぞれのメリットを考慮しながら検討してみましょう。

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。