中途入社募集中!詳しくはこちら!

不動産オーナーは必見!内覧をしてもらう際の対策を紹介します!

不動産 内覧 対策
お役立ち情報

賃貸アパートやマンションの経営を始めようとお考えの方はいらっしゃいませんか?
どのようにしたら入居を検討してくれる人を増やせるのか、お悩みの方も多いかもしれません。
特に物件の内覧は重要な役割を担っています。
そこで今回は物件を内覧してもらう際の対策についてご紹介します。

 

□内覧までに準備しておくこととは?

はじめに、内覧までに前もって準備しておくことについてご紹介します。

最も大事なことは、丁寧に掃除をしておくことです。
当たり前のように感じるかもしれませんが、これができていない方も多いのです。
自分の物件に見慣れてしまっている故、細かいところを見落としがちになります。

物件を検討する際には、立地や築年数、アクセスの良さなどさまざまな条件を考慮しますよね。
その中でも特に室内環境を重視する方が多いと思います。

たとえ築年数が新しい物件でも、室内が汚ければ印象は悪くなってしまいます。
反対に、築年数が古くても室内が丁寧に手入れされていれば、好印象をもっていただくことができます。
室内環境は購入検討者にとって重要な判断材料であるため、内覧までに丁寧に掃除しておきましょう。

特に掃除が必要な場所は水回りです。
トイレやキッチン、お風呂など、水回りは毎日利用する場所です。
そのため、特に清潔感には気を払う必要があります。
まずは水回りから掃除を始め、普段は掃除しないキッチンの換気扇なども掃除しておくと良いでしょう。
またキッチンの手元灯の紐を新品にするだけでも印象は変わります。

 

□内覧を成功させるためのポイントをご紹介!

内覧までの掃除の必要性をご理解いただけましたか。
続いて、内覧を成功させるためのポイントについてご紹介します。

まず、資料を用意しておくことです。
口頭のみの説明では、どうしても伝わりにくいことがあるでしょう。
そこで、管理会社に共有してもらった詳細情報を用意したり、余裕のある方はオリジナルの資料を作ったりしても良いかもしれません。

次に、断られた際に理由を聞くことです。
「他に良い物件があったから」という理由もあれば、もしかすると「対応が悪かったから」という理由もあるかもしれません。
物件自体の問題なのか、オーナーや、管理会社に問題があったのか、それを知らない限りは改善は見込めないでしょう。
断られた際には理由もしっかり聞いておくことで、今後の成功につなげることができますので、参考にしてみてください。

 

□まとめ

今回は物件を内覧してもらう際の対策についてご紹介しました。
お部屋を気に入ってもらうためにも事前準備はしっかり行い、当日も万全の状態にしておきましょう。
当社では不動産オーナーに向けたコンサルティングを行っております。
不安なことがございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。