中途入社募集中!詳しくはこちら!

不動産オーナー様へ!マンションの玄関ドアの種類をご紹介

不動産オーナー様へ!マンションの玄関ドアの種類をご紹介
お役立ち情報

マンションの玄関ドアには、さまざまな種類があります。しかし、意外と知らないオーナー様もいらっしゃるのではないでしょうか。どのようなタイプの玄関ドアにするのかあらじめ知っておきたいところです。そこで今回は、玄関ドアの種類や玄関ドアの開き戸の種類と特徴を解説します。

□玄関ドアの種類は大きく分けて2種類

玄関ドアの種類は、大きく分けて2種類あります。開け方により、「開き戸」と「引き戸」に分けられます。それぞれ解説します。

開き戸は、レバーやハンドルを用いて玄関ドアを押したり引いたりするタイプのものです。マンションなどで多く利用されています。玄関のスペースが狭くても設置が可能です。気密性が高く、音漏れを防ぐことができます。また、暑さや寒さ対策にも適しています。

引き戸は、玄関ドアを横にスライドさせて開閉するタイプのものです。昔の家屋で使用されることが多くありました。しかし、ベビーカーや車椅子の出入りがしやすいため、現在もバリアフリー住宅などで多く利用されています。

□玄関ドアの開き戸の種類と特徴

*片開きドア

価格も安く、シンプルで一般的なタイプのドアです。間口が狭い玄関にも設置が可能です。

* 両開きドア

左右同じ大きさの2枚のドアを組み合わせているタイプです。観音開きとも呼ばれています。どちらのドアからも出入り可能ですが、十分な間口が必要です。

*親子ドア

大きさの異なる2枚のドアを設けたタイプです。どちらのドアも開けることが可能ですが、親扉の方にハンドルやレバーが付いています。

*片袖ドア

開け閉めするドアと小さい固定式の窓があるドアを指します。光が取り込みやすく、明るい玄関になります。

*両袖ドア

片開きドアの両隣に固定式の窓があるドアを指します。片袖ドアよりも光が取り込むことができるので、より明るい玄関になります。

□玄関ドアの引き戸の種類と特徴

*片引きドア

片側だけが左右どちらかにスライドできるタイプのドアです。

*両引きドア

2枚の扉が左右にレールを滑らせて開閉するドアです。玄関の周りは、引き込むためのスペースが必要になります。

*引き違いドア(2枚建・4枚建)

2枚の扉を左右どちらにも移動させて開閉するドアです。2枚建や4枚建てのタイプもあります。

□まとめ

玄関ドアには大きく開き戸と引き戸があります。それぞれに複数のドアの種類があるため、マンションの玄関ドアは、あらかじめ予算を決めた上で、その範囲ないでデザインや機能性、入居者の属性などを考慮しながら比較検討しましょう。

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。