中途入社募集中!詳しくはこちら!

【不動産オーナー様へ!東京電力エナジーパートナー(東京電力EP)の特徴をご紹介】

東京電力エナジーパートナー(東京電力EP)の特徴
お役立ち情報

不動産オーナーの方の中で、電気代についてお悩みの方はいらっしゃいませんか。

このようなお悩みをお持ちの方にぜひおすすめしたいのが、東京電力エナジーパートナーです。

この記事では、東京電力エナジーパートナーのプラン内容や対応エリアについてご紹介します。

今後、電力会社を切り替えられる際の検討材料として、不動産オーナーの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□東京電力エナジーパートナーとは

東京電力の小売電気事業を2016年4月より引き継いだのが、東京電力エナジーパートナーです。

□東京電力エナジーパートナープラン内容

ここでは「スタンダードS」についてご紹介します。

「スタンダードS」は電力自由化後に発表された、一般家庭向けのサービスでして、一人暮らしの方からファミリー幅の方まで幅広いお客さまにご利用いただけるプランです。

「スタンダードS」を利用した際にお得になる情報をご紹介します。

現在のご契約が北海道電力の「従量電灯B」をご使用の場合、「従量電灯B」と比べて電気代がお得になります。

更にご家族向けWebサービス「くらしTEPCO web」でポイントを貯めたり、使うことができます。

公式サイトからお申込みいただくと500ポイントが貯まり、貯まったポイントは、T-POINT、Ponta、WAONポイント、nanaco、au 、d POINTで300ポイント(1ポイント1円相当)からご利用いただけます。

□東京電力エナジーパートナーの対応エリアについて

次は、東京電力エナジーパートナーの対応エリアについてご紹介します。

契約できるプランは多少異なりますが、基本的に全国の各地域に対応しております。
公式サイトにそれぞれの地域のプランがご紹介されています。

すでに他の電力会社と契約している場合でも、東京電力エナジーパートナーへの切り替えは可能です。

しかし、建物全体での契約をしている場合、個別での対応はできないので注意が必要です。

他にも電力会社はたくさんありますが、選択肢として、東京電力エナジーパートナーも検討してみてください。

□まとめ

今回は、東京電力エナジーパートナーの特徴についてご紹介しました。

北海道電力の「従量電灯B」をご契約されている方は、電気代がお得になりますので
「スタンダードS」の詳細を確認いただき検討してみてください。

電気代についてお悩みの不動産オーナーの方は、ぜひこの記事でご紹介した内容を参考にしてください。

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。