初WEB開催!第5回大家女子クラブ

イベントレポート大家女子クラブ

 

3月19日(木)に第5回大家女子クラブをWEBにて開催しました。
WEB開催は初の試みで参加人数が心配でしたが、勉強熱心な大家女子の方々に大勢ご参加いただきました。今回のテーマは『リスク対策に必要な契約書類について』『民法改正対応賃貸借契約書とは』です。

内容は以下の通りです。

1.トラブル回避の為の賃貸借契約事例
2.令和2年4月施行 民法改正内容
3.保証会社について
4.入居者加入の火災保険について

民法改正の施行は4月1日からです。
この施行に伴い、賃貸借契約書の見直しが必要となります。
とくに『保証人』が個人の場合には、賃料保証に関して極度額の記載がなければ、連帯保証人の記載があっても債務を連帯保証人に請求することができなくなります。

今回初めてのWEB開催でしたが、会員の方々からは「仕事をしながらセミナーを受講でき、とても良かった」との声をいただきました。

新型コロナウイルスの状況によっては今回同様、WEB開催になる可能性もございます。
会場、WEBどちらにしても賃貸経営をするにあたって、大変勉強になるテーマにてセミナーを行っております。

ご興味のある方は下記URLよりお問合ください。
『大家女子クラブ』

大家女子クラブ|エントリーページ

次回開催は4月16日(木)10:00スタートです。

 

 

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。