中途入社募集中!詳しくはこちら!

不動産オーナー様へ!システムキッチンの種類と特徴をご紹介

不動産オーナー様へ!システムキッチンの種類と特徴をご紹介
お役立ち情報

住宅設備の中でも毎日使用するシステムキッチン選びは重要になります。しかし「システムキッチンの種類はどんなものがあるの?」などと、意外と知らないオーナー様もいらっしゃるのではないでしょうか?それぞれ特徴があり、種類も豊富です。そこで今回は、システムキッチンの種類や対面キッチンの種類をご紹介します。

□システムキッチンの種類をご紹介

大きく分けると「対面キッチン(オープンキッチン)」と「壁付キッチン(クローズキッチン)」があります。それぞれ解説します。

対面キッチン(オープンキッチン)は、キッチンとリビングが隔たりなく対面する形で、開放感があり家族と会話しながら料理を楽しむことができるので、コミュニケーションが取りやすいキッチンです。また、リビングやダイニングのすぐそばにキッチンがあるので、作った料理を運びやすく、食事が終わった後の片付けもスムーズに進めることができます。さらに、小さなお子さんがいる家庭では、常に様子を確認できるので安心です。

壁付キッチン(クローズキッチン)は従来型のタイプで、キッチンの正面が壁に接しているキッチンを指します。対面キッチンとは対比で使用されます。壁付キッチンは、キッチンのスペースを広く使えるのが最大のメリットです。また、テレビなども視界に入らず、料理に集中することができます。したがって、料理が好きな方は、壁付キッチンを好まれる方が多くいます。

□対面キッチンの種類をご紹介

対面キッチンは、大きく分けて5種類あります。

*アイランドキッチン

調理スペースやシンクが島のように離れた場所に​​配置されているキッチンです。
スタイリッシュなイメージで開放感があります。

*ペニンシュラキッチン

英語で「半島」という意味で、片側だけ壁に接しているキッチンです。
前面に壁がなく開放感を感じられます。
コミュニケーションが取りやすく、会話を楽しみながら料理ができます。

*セパレート型キッチン

シンクとコンロが別々に分けられたキッチンです。
比較的​​狭いスペースでも設置可能ですが、分けられているので収納スペースは広くとることができます。

*I型キッチン

コンロや調理台、シンクが横一列に並んでいるキッチンです。
価格が比較的リーズナブルで、省スペースを有効活用できます。

*L型キッチン

キャビネットを​​アルファベットのL字型に配置したキッチンです。
作業スペースが広くなり、収納スペースも多くとりことができます。
作業動線が短いのも特徴です。

□まとめ

今回は、システムキッチンの種類や対面キッチンの種類を解説しました。毎日使うものなので、機能性や価格、使いやすさなどをじっくり検討しながら最適なシステムキッチンを選びましょう。​​ショールームなどで実物を確認しながら選ぶとイメージがしやすいでしょう。

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。