中途入社募集中!詳しくはこちら!

facebookを物件管理に活用しましょう 

お役立ち情報

 

随分前の話ですが、2012年9月10日号の賃貸住宅新聞に私の記事が掲載されました。

記事になったのが、フェイスブックを利用した、管理状況の共有の試みでした。 

まだフェイスブックの活用が上手にできていない方もいますので
もう一度お話します。

今までの賃貸管理では、有時の対応方法は、基本、電話やFAXが主でした。

写真報告をお願いすると、印刷をしたものを郵送か、メールがせいぜいでした。

 

その点、フェイスブックでの管理では、リアルタイムで写真共有やファイルもアップできます。
動画もアップ出来るのです。


また、メンバーを承認制にして、私の場合は、管理担当2名と管理会社の社長もメンバーに加えることによって、担当だけで情報を抱えることが無いようにしています。

 

しかも、巡回などの結果、クレームの対応、故障箇所の写真、見積りなども添付できます。
過去の記録としても時系列で並び、とても管理しやすいのです。

 

フェイスブックを既に利用している大家さんは、是非お使いになる事をお勧めします。 

やり方は簡単です。

フェイスブックのメニューに「グループを作成」とありますので、そこをクリックして下さい。 

そうすると「新しいグループを作成」の画面が出ます。

グループ名(〇〇物件管理状況)を決めて入力して、メンバーを入力します。

この場合、メンバーは既に友達になっている必要があります。

 

そしてプライバシー設定で「秘密」を選びます。

間違って「公開」を選んでしまうと、全世界の人に見られますのでご注意下さい(笑)

 

管理担当者とのやり取りの例です。

地下室水が溜まっていました。

原因は浮輪がホースにからまって上がっていなかった事、さらに吸い込むホースの途中から水が漏れ吹き出ていました。

応急処置でテープで巻いて水を吸い込む事ができました。

ポンプはしっかり作動していますので巡回時は必ずチェックします。

このような感じで、リアルタイムでしかも写真付きで状況報告が有るので、すぐに判断ができます。

 


巡回の結果報告です。

本日巡回を行いました。

敷地内、地下室共に異常ありませんでした。

地下室見積もりがきましたので戻り次第メール致します。

田中さん家賃回収に行きましたが本日17時に来てほしいと言われましたのでその時間に回収予定となります。

 

このように、私達大家と管理会社のやり取りには最強のツールなのです。

もし自主管理で管理会社とのやり取りは無いという方でしたら、家族や一人でも良いのでグループを作るのです。

そして、日々の業務日誌やリフォーム履歴をここに残すといいのです。 

 

しかし最大の問題があります。 

それは、真面目にやっている管理会社はウエルカムだと思いますが、真面目でない?巡回なんかも全然しない管理会社は、きっとやりたくないことです。(笑)

 

また管理会社の担当がフェイスブックを利用していない事もあります。 

後者であれば、是非この際利用して頂くことをおすすめして、管理報告の方法として正式に契約すると良いと思います。

 

とっても画期的な管理情報革命を起こしますので、是非ご利用をお勧めします。

 

 

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。