中途入社募集中!詳しくはこちら!

不動産オーナー様へ!鍵メーカーゴールのご紹介

不動産オーナー様へ!鍵メーカーゴールのご紹介
お役立ち情報

創立1914年で鍵・錠前の国内2位の会社「​GOAL(ゴール)​」。円筒錠を日本で初めて開発したとされる同社ですが、高い防犯性と操作性に定評があり、防犯技術にも優れている鍵メーカーです。そこで今回は、鍵メーカーゴールについて、ゴールが開発したディンプルキーのシリンダー錠について解説します。

□鍵メーカーゴールについて

1914年創立で2021年で107年目の鍵メーカー「​GOAL(ゴール)​」。本社は大阪府大阪市淀川区に構えています。「GOAL」とは、Good、Ornamental、Advanced、Locksの頭文字を取ったものです。高品質であり装飾的に美しく、先進的な技術・デザインを採用した鍵・錠という趣旨で「創意・誠意・熱意」を掲げています。

日本で初めてシリンダー錠の国産化に着手し、1972年にはカードロックを開発しました。2002年には、生体認証技術による指紋錠システム「V18」という防犯性能を高めた製品を​​発表しました。主な製品は、​​指施錠システム、非接触型キーリーダーシステム、防災システム、カードロックなど、幅広く取り扱っています。

□ゴールが開発したディンプルキーのシリンダー錠

GOALが開発したディンプルキーのシリンダー錠「V18シリンダー」。住宅の勝手口などに多く取り付けられています。米国UL防犯認定試験やCP認定試験によっても実証済みの製品です。

鍵違いは約120億通りで耐ピッキング性能10分以上に適合しています。そもそもディンプルキーとは、表面や側面に大きさが異なるくぼみがあり、複数のピンと鍵の形状の高さが一致することで解錠します。防犯性が高く、2000年代から普及しています。鍵のパターンは、理論上、数十億~数千億通りになると言われています。このため、​​大規模なビルの全室に錠前を鍵違いにすることが可能になります。

18本の高精度ピンを3列に配置、電動ドリル等を使った鍵穴を壊すドリリングなどによる破壊行為やピッキング等の不正解錠を防止する仕組みが取られています。鍵の差し込みや抜き取りが簡単にできるので、どなたでも使いやすくなっています。

□まとめ

ここでは、鍵メーカーゴールについて、ゴールが開発したディンプルキーのシリンダー錠について解説しました。ゴールの鍵は、​​高い防犯性と操作性に定評があり、中でも「V18シリンダー」は、ピンが高精度でピッキングやドリリングなどを防ぐことができます。

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。