中途入社募集中!詳しくはこちら!

8.アパ・マン経営の広告1 不動産会社へむけて

北海道でアパ・マン経営を成功させるには
不動産会社に対しての「広告」について、私の思うところを書きたいと思います。

 

その前に、「マーケティングの4P」を復習しましょう。

 

4Pには以下の4つがありました。
Place(プレイス)立地、場所
Price(プライス)価格、家賃
Product(プロダクト)物件、商品
☆Promotion(プロモーション)広告

 

現在の募集の流れは、
大家⇒ 不動産会社⇒ 入居者

 

保険業界に置き換えると分かりやすかもしれません。
保険会社⇒ 代理店⇒ 消費者

 

あるいは、車業界でいくと
トヨタ自動車⇒ 札幌トヨタ自動車(地元ディーラー)⇒ 消費者

 

不動産会社に対しての「広告」は、この図式から考えると、いかに物件(商品)を知らしめるのか、いかに物件(商品)を売りたいと思わせるのか?
こういったところを意識する必要があります。

 

●いかに物件(商品)を知らしめるのか
具体的に不動産会社に対しての広告の手法をお話します。

 

それは、空室が出た時に動くことです。

 

具体的には
金曜日にFAX・訪問営業
→月曜日に効果測定
→水曜日に条件を再検討
→金曜日に営業
→ずっとこの繰返しです。

 

不動産会社に対して、管理会社も含めて物件を認知して頂くのには泥臭いですが、この訪問活動、TEL営業がやはり効果的です。

 

金曜日の不動産仲介会社のFAXは止まりません。
なぜなら、今は空室がものすごく多いので、空室資料のFAXが山のようになります。

 

その山のような資料から、自分の物件を目立たせるには、やはり人がやらないことをやるしかありません。

 

それが、訪問営業とTEL営業です。

 

物件の存在すら忘れられていると絶対に決まりません。

 

あなたの空室は、認知されていますか?
そして、認知されて初めて案内されることになります。

 

そして案内されて初めて、家賃がどうか?条件がどうか?等の効果測定が出来るのです。

 

そうするとあなたのアパートの空室が埋まるのは近いです。

 

原因が分かると、対処は考えられます。

キャンペーンとして初期費用を安くしたり、リフォームして商品力を上げたりもできます。
様々な作戦が立てられるのです。

 

しかし案内がないと、全く原因がわかりません。

 

よく会員さんから空室のご相談があるのですが、原因をつかめていない人は、案内の実数が足りずに不動産会社から状況も聞けずにいるというのがほとんどです。
オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。