中途入社募集中!詳しくはこちら!

22.アパ・マン経営におけるサービス業の3Pとは?

北海道でアパ・マン経営を成功させるには
マーケティングの4Pをおさらいしましょう。

 

4Pには以下の4つがありました。
Place(プレイス)立地、場所
Price(プライス)価格、家賃
Product(プロダクト)物件、商品
Promotion(プロモーション)広告

 

その、プロダクト(物件・商品力)にはハードの部分と、 ソフトの部分の両面で語ることができます。

 

今回は、ソフト面のお話をしてみたいと思います。

 

商品(物件) のソフト面とはなんでしょうか? ?
少し考えてみて下さい。

 

賃貸業のソフト面ですよ~

 

4P というお話をしてきましたが、実はサービス業にはこの他に3P と言われるものがあります。

 

マーケティング活動において、これらを合わせて7P といったりするのです。

 

賃貸業は「サービス業」ですから、ソフトの部分は実はこの3P を当てはめると大変わかり易いのです。

 

では残りのサービス業の3P と言われるものは以下のものになります。
①人(要員)(Personnel:パーソナル)
②プロセス(業務プロセス)(Process:プロセス)
③物的証拠(Physical Evidence:フィジカルエビデンス)
(フィリップ・コトラー「マーケティング・マインドの追究」)

 

●人(要員)(Personnel)
サービスを提供する人には、高度な知識や技能に加えて、態度や規律の質が問われます。

 

したがって、関係人を対象とする「インターナル・マーケティング」、
すなわち会社は関係人(社員等) にマーケティングしなければならないのです。

 

●プロセス(業務プロセス)(Process)
サービスを提供する最善のプロセスを発見しなければなりません。
ここでは、顧客とサービスの提供者である関係人が対話することが重要となります。

 

このような対話を通じて、顧客は「サービスの生産」に、提供者は「サービスの消費」に参加することになり、こうして最善のプロセスが見出されていくのです。

 

●物的証拠(Physical Evidence)
サービスとは手に取って触ったり目で見たりできないものです。
ですから、具体的に「何を提供した」というエビデンスが必要です。

 

つまり、具体的な証拠が必要なわけです。

 

例えば、保険に入ると、加入した保険の内容や、金額、保険の範囲等を記載した保険証書が届きます。

エビデンスとは、そういった証拠を示すこ となのです。
オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。