中途入社募集中!詳しくはこちら!

13.アパ・マン経営の商品力とは?

北海道でアパ・マン経営を成功させるには

 

広告について、その重要度は御理解されてますか?

 

広告は何の商売でも大切なことですので、しっかりとおさらいしておいて下さいね。

 

広告の事を学ぶと、自然とアパマン経営を成功させる鍵が見えてきたのではないですか?

 

さて、マーケティングの4Pをおさらいしましょう。
4Pには以下の4つがありました。
Place(プレイス)立地、場所
Price(プライス)価格、家賃
Product(プロダクト)物件、商品
Promotion(プロモーション)広告

 

そして、「プロダクト」物件・商品についても考えなくてはなりません。

 

広告を学ぶと、商品に力を入れないといけない事が、自ずとお分かりになったと思います。

 

物件・商品が悪いのに、 いくら広告しても片手落ちですし、入居希望者を連れてきても決まる確率が低いですよね。

 

更に現在の最大の空室対策は、長期入居で退居者を出さない経営だと言われています。

 

その為には物件商品力が大切なのです。

 

もし、あなたがダイエットに効果が上がる運動器具を購入したとします。
しかし、どんなに頑張っても、もしその商品が悪ければ、返品したくなりませんか。

 

広告で価格、立地で訴求して、入居者を決めることはできますが、その後使い続けてくれるかどうかは、根本的な商品力なのです。

 

その、 物件・ 商品力にはハードの部分と、 ソフトの部分の両面で語ることができます。

 

ハードの部分は、建物の基本性能のように簡単に向上できないものから、防犯設備やケーブルテレビ 、インターネット対応等の通信機器等のように、後で簡単に取り付けできる簡単なものまであります。

 

ソフトの部分は、例えば、入居者の誕生日にバースデーカードを送るとか、 季節感の演出でエントランスに花を飾ったり 、 日常清掃の徹底、クリスマス等に飾り付けをする等の事です。

 

また、 物件の取得時に行うものと、購入後でも後から出来る事にも分けることができます。

 

北海道でアパ・マン経営を成功させるには、何よりも寒冷地であることを意識しないといけません。

 

寒冷地である事を前提に考えると、断熱の問題、結露の問題、暖房、給湯の問題が特に本州とは全く考え方が違ってきますので、必ずおさえる必要があります。

 

オーナーズビジョンの無料相談事例をまとめました

当社が1000件以上受けているご相談の中から

  • 建築会社が作った新築賃貸物件の企画書について、本当に収支が合う内容なのか検証した事例
  • 空室がずっと埋まらない時にやるべき、現実的に可能な王道の対策

など、5つの事例を厳選しました!

賃貸経営に課題をお持ちの方は、ぜひご活用ください!

この記事の著者

原田 哲也

大学卒業後上場ハウスメーカーにて個人住宅の建設営業として約7年間従事した後、札幌のアパート建設専業メーカーでは地主さんの土地活用・アパート建設、北海道有数の賃貸仲介会社で新築投資アパートの企画、販売に従事するなど建築・不動産業界でキャリアを重ねる。

様々な大家さんと出会う中で、「本当に大家さんの立場に立ったアドバイスや提案を行おう!」と決意し、2010年1月オーナーズビジョン株式会社を設立。

現在は不動産・賃貸経営に精通したコンサルタントとして、クライアントの利益を最優先する土地活用、投資用不動産取得サポート、不動産実務検定の講座開催等、北海道の大家さんのバックアップに尽力する日々を送っている。

また、サラリーマン時代に不動産投資も開始。現役の大家でもある。

原田 哲也をフォローする
オーナーズビジョン株式会社

賃貸経営にお悩みの方へ

まずはお気軽にご相談ください。